看護学生で辛かった・大変だったこと

こんにちは、SACHIです

3月に看護学校を卒業してからだいぶ経ちます

ずっと看護学生ネタを何か書きたいと思っていてやっと書くことができました

今回は「看護学生で辛かった・大変だったこと」について

せっかくなので同期のみんなに唐突に質問してみました

看護学生で辛かった・大変だったことは?

この質問には、面白いほどに全員が声をそろえて

実習!!!

とにかく実習がきつかった!!と、回答。

私も、実習が楽しいなんて思ったことは一度もないです笑

看護学生なら避けることができない「実習

何が辛いかって…「実習」という存在?

とにかく実習だけは、ほんとにもう二度と経験したくないです笑

中には、実習が一番きつくてしんどかったけど、みんなで乗り越えた達成感があって頑張ってよかった~!

という意見も。確かに。きつかった分、終わった時の達成感・喜びは大きかったですね

ほかにもいくつかのきつかった要因が挙がりました

記録

本当に書くことがなかった!

書くことが多すぎてわけわからなくなった!との回答。

あんな広い紙に、何を書いていいのか、何を書いたらいいのか、書いても書いても終わらない記録と毎晩戦ってました

記録はとても大切なものなので扱いも慎重に慎重に。

睡眠不足

記録やらなんやらで寝れない!次の日の実習は死。が毎日。💀

土日は死んだように寝てました…17時間とか

ごはんよりも寝る!って感じで、絶対赤ちゃんよりも寝てた。

寝てたというよりもほぼ気絶してた泣

多重課題&常に何かに追われている状況

展開・テスト・実習・研究などなど1つ終わったと思ったら、次々と降りかかってくる課題たち…

個人だったりグループだったり、これがまた大変。

そんなに容量がいいわけでもないので、積もる課題に悲鳴をあげる毎日でした

怒られすぎて「すみません」が口癖になった

私も「すみません。勉強してきます」という’魔法の’言葉を乱用してました…

もはやすみません以外の言葉がでてこなかった

先生と意思疎通がうまく取れない、先生の静かな圧

これはつらい。実習中は先生だけが頼りなのに…

先生とうまくやっていかないと実習は本当にやっていけないとおもいます

理不尽な出来事の多発

これはもう、笑うしかない。リアルな看護学生あるある!

どう頑張ってもどうにもならない状況…

1度は経験したことがあるのではないでしょうか笑

「まぁそういうこともあるよね。みんなにんげんだもの」と、仏の心で対処。

酷い感情抱きがち

大変なときは目の前のことで精一杯ですからね!きついときほど負の感情を抱きがち

ストレス発散って大事!!

周りのみんなは遊んでるのに、看護学生は実習、実習、実習っ!!

私も遊びたくても周りの大学生はみんな平日に集まるから仕方なく断る。がお決まりのパターンでした

仕方ないことなんですよね、これは。

みんなの性格が見え出した

いい意味でも悪い意味でもみんなの本当の性格が露わになってました笑

「あぁこういう人なんだな〜っ」て

大体の性格が分かってくると扱い方も接し方もだいたい決まってきちゃう…

人間って何だろう。とまじめに考えたことも笑

さいごに

こうやってまとめてみると’大変なことたくさんあったなぁ’と思いましたが、そのおかげでいろいろな面で強くなれたと思います

3年間看護学生として過ごして心の底から思うのは

やっぱり、看護師ってすごい!!ってことです

今看護学生の皆さんも

’看護学生って大変なこと、しんどいことが多いな’って思うことがたくさんあると思いますが

それを乗り越えたときの解放感・達成感は想像以上です!

 

またぼちぼち「看護学生でよかったこと」もまとめていけたらいいなと思います

最後まで読んでくださりありがとうございました

それでは、また!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です