海外で病院受診

こんにちは、SACHIです

今回は海外旅行中の病院受診について私の経験をもとに書いてみようと思います

前回ヨーロッパを訪れたときに

ウィーンの空港に到着してから喉にずっと違和感がありました

“なんか痛いな〜、風邪ひいたんかな?”

喉の痛みはあったものの、特に何もせず、普通にご飯もデザートも食べて、観光して、はしゃぎまくっていました

そして数日後の夜、事件は起きました

唾を飲み込むことさえきつくて痛みを感じる、いわゆる嚥下痛になりました

5日ぐらい経つと、なんだか身体がだるくなってきたんです

絶対熱あったけど、体温計もないし旅行中だしそんなことしてる場合じゃないと思って

とりあえず寝ました笑

次の日の起きてみたら喉が痛すぎて、ごはんものどを通らない…

さすがにヤバイだろうと思って病院受診をすることに!

日本でも病院に行かないのに、海外で病院なんて…

海外旅行中の病院受診ですること

①保険会社に電話

海外旅行に行く際に旅行保険に入る方、またはクレジット付帯の保険を利用する方がほとんどだと思います

私はクレジット付帯の保険だったので、すぐにカード会社に連絡しました

すぐに、現地の日本語(自分が希望する言語)対応の病院の情報提供、診察予約をしてくれます

あとはクレジットカードを持って病院へGO!💨

*保険会社に連絡すると、病院受診はキャッシュレスにするかどうか聞かれます

キャッシュレスとは病院にお金を持っていかなくても保険会社が本人の代わりに直接治療費を病院に払ってくれる制度のことです

キャッシュレスができるのであれば絶対にキャッシュレス受診をおすすめします!

自分の加入する保険によっては治療費の限度額があるので気をつけてくださいね😉

②病院に着いたら

まず受付に行き、名前と予約をしていることを伝えます

そして予約票で名前を確認してくれます

確認ができたら質問用紙(英語)を渡されるので記入

記入したら受付に渡して、呼ばれるまで待機!

これだけです!!

簡単ですよね?

これであなたも旅行中の病院受診は完璧です☆

しかしこれは旅行保険に加入していることが大前提!

「たった数日だしいいや…」と思っている方、本当に何が起こるかわかりませんよ

海外の医療費はバカ高すぎてほんとに笑えない…

この健康優良児の私が言うから本当です

旅行に行くときは必ず旅行保険に加入しましょう!!!

海外旅行保険比較▶https://www.207207.jp/

最後まで読んでくださりありがとうございました

それではまた~✋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です