新曲公開! -볼빨간사춘기 (BOL4)-

こんにちは。SACHIです

私の大好きな볼빨간사춘기が約5ヶ月ぶりに

4枚目のアルバム「사춘기집Ⅰ 꽃기운」でかえってきました~

アルバムのタイトルですが、今回がⅠということは次はⅡでしょうね笑

さてさて今回のアルバムですが、今回も素晴らしい楽曲ばかりです

間違いも多いかと思いますが、アルバムに書いてある紹介文を簡単に訳しました

1. 나들이 갈까
2. 나만, 봄
3. 별 보러 갈래?
4. Seattle Alone
5. Mermaid

(太字がタイトルです)

나들이 갈까

作詞・作曲:ウ・ジユン 編曲:バニラマン

ぽかぽかした日の午後、歌を聴きながら何も考えずに歩いたら、心地いい春が私の胸に、突然ときめく瞬間がある。その瞬間、聴きたい声。そしていまのわたしは、あなたにしてあげたい話をしながら、今日のような素敵な日にあなたと一緒に歩きたいという気持ちを込めた。この曲は、LGのコマーシャルで公開され、たくさん応援をしてくれるファンの要望により、再編曲し今回のアルバムに正式に収録された。

この曲本当に大好きだったんです。アルバムの曲リストを見たときは本当にうれしかったです

本国のファンもみんな同じ気持ちだったんですね~本当にうれしい!

実際のCMがこちらになります▼

REMIX版も素敵なので聴いてみてください!

https://youtu.be/Ic1OBczEByI

나만, 봄

作詞:アン・ジヨン 作曲:アン・ジヨン,バニラマン 編曲:バニラマン
思いを寄せるその人が、私だけを見てくれたらいい ’私だけの春’
そして私だけ手に入れたい ’私だけの春’
暖かい春の気配のせいで、もう少しで私の気持ちがバレるところだった。
そんな私の気持ちも、吹いてくる春風が憎いながらも、彼のそばでぴったりとくっついて一緒にいたい思春期の少女の愛らしい気持ちを込めた ’私だけの春’
プラックシンセの繰り返されるリプとアコスティックギターで可愛く始まる曲の前半部とリフレーンからの弦楽器が爽やかさを感じさせ、静かに春の感性を満喫できる曲だ

何回聴いても飽きない、かわいい春ソング
彼がいれば何もいらない!などの可愛らしい歌詞とメロディーがジヨンちゃんの声にピッタリです
爽やかさあふれるBOL4の魅力が詰まった曲です

별 보러 갈래?

作詞:アン・ジヨン 作曲:アン・ジヨン,バニラマン 編曲:バニラマン
私が一番好きな星をすきな彼、偶然に目が合ってしまった私のようなソウルメイト。
そして私たちは一緒にふらふらと星を見に出かけた。砂浜の上を走り回りながら星を追いかける2人の男女の運命のような出会いを映画のようにロマンティックに盛り込んだ曲だ。
全体的にポップなサウンドとリズム感のあるボーカルラインがグルーブを作ってくれる前半部、後半部、間奏など各テーマ間に編曲的変化を与え聴く楽しさを与える。
ジヨンちゃんの透き通った歌声が素敵です

Seattle Alone

作詞:アン・ジヨン 作曲:アン・ジヨン,バニラマン 編曲:バニラマン
あの時彼の手を握っていたならどうだったかな。
旅行中感じた孤独な感情を表現した曲で、遠く離れたこの場所で地球の反対側の私のすべての瞬間を恋しがる気持ちを込めた。夢のようだったその都市に残された感情はいつの日か、ここに戻ってくる頃、また違う自分の姿を恋しがるだろう。彼を再び見つけることができるような切実な気持ちと恋しさがつまった曲だ。
今回のアルバムに新しく試みたスタイルでアーバンエレクトロニック・ロックサウンドの曲であり、全体的にシックな雰囲気のボーカルと繰り返されるギターリフなど、聴いているとまるで記憶の中にある旅行の1ページに戻ったような夢幻的な気分を感じられる曲だ

Mermaid

作詞:アン・ジヨン 作曲:アン・ジヨン 編曲:バニラマン
童話‘人魚姫’からインスピレーションを受けた曲で、自分を愛するせいで犠牲になるしかない相手の気持ち推し量るように淡々とした叙情的な歌詞で表現した曲だ。消えてしまうことを知りながらそばにいたいと思う人魚姫のように、愛していると信じているけれど、彼が離れていったら何も言うことができない自分のように。愛しているからすれ違うお互いの気持ちを哀想的に込めた。16ビートのリズムのピアノ伴奏が緊張感を出し大規模な編集のストリングラインとフォーリズム楽器の演奏でサウンドが満たされ多極だ。5分にも及ぶランニングタイムの間に編曲とストーリーを重ねながら感情を盛り上げていく。
訳でお見苦しい点もありますがご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です